空き家問題を真剣に考える船井総研コンサルタントのブログ

日本の空き家率が過去最高の13.5%となり、遂に少子高齢化と並ぶ、日本の社会問題となりました。この空き家問題を解決するべく、真剣(マジ)に空き家問題を考え、シェアハウスへの活用を勧め世の中の空き家問題を解消したい!そのための情報発信源となれることを願いながら。時々ラーメン食べます(笑)

2019年10月3日 18:58

200㎡のルール変更からの影響

空き家問題

空き家問題について真剣に考えるブログ

船井総合研究所の川崎です。

 

 

6月に変更になった建築基準法の

用途変更の100㎡ルールから200㎡ルールですが

変更になってから、活かされているケースが増えてきたかなと思います。

 

インバウンド需要を見込んだ、外国人向け宿泊施設、

高齢者・障がい者向けの住宅への改修。

 

最近では、特に障がい者グループホームでの活用を耳にします。

 

 

これまで100㎡では採算が合わなかったために

グループホームへの改修をためらっているケースが多かったですが

今回の改正によって200㎡であれば居室数を確保できる

(=スケールメリットを享受できる)ということで

活用をしたいと考えている事業者が増えているように感じます。

 

100㎡の壁を越えられたことで

活用の道が拡がっていますので、

空き家をどう活用しようか?少しでも目を向けていただければと思います。

 

 

 

川崎